30代独身男のズボラ投資生活

適当に投資したり、しなかったり、やっぱり投資するブログ

家計と資産の管理

今年に入り家計と資産管理をしっかりやる事にしました。

 

マネーフォワードを使う

年末帰省している時にオリエンタルラジオ

マネーフォワードのTVCMをしていました。

あのCMピーアール効果は凄いと思います。

私も釣られた人です。

 

最近マネーフォワードはマザーズに上場しましたが、

広告宣伝費が高く収益はいいとは言えません。

家計簿アプリの中では群を抜いた連携機能があるので

今後も拡充頑張ってもらいたいと思います。

 

マネーフォワードの用途その1

f:id:body2mind:20171008145310p:plain

メインの家計簿機能です。

家計簿はアプリになったとはいっても入力が面倒です。

マネーフォワードはレシート撮影で入力できるので楽チンです。

 

が!私はレシート撮影すら面倒なズボラ人間なので

支払い直後に金額とカテゴリだけサッと手入力しています。

それで十分だと思います。

 

さらに入力の手間は減らしたいので

Suicaが使えるところはiPhoneモバイルSuicaで決済しています。

モバイルSuicaは改札でのオートチャージを設定しているので

改札→スーパーの導線であればチャージ残高を気にする事ないのです。

 

マネーフォワードの用途その2

f:id:body2mind:20171008150957p:plain

みんな大好き資産管理です。 

レッドが株式、イエローが投資信託

スカイブルーとグレーはソーシャルレンディングです。

 

約7割をソーシャルレンディングに振り切ったズボラポートフォリオ

実際には貸出前の金額が預金に含まれているので8割超えています。

投資信託はNISA枠範囲内のものとロボアドバイザー一任投資のWealthNavi。

 

生活の変化

キャッシュレス思考になりました。

まずはSuica、次にクレジットカード、最終手段現金です。

 

Suicaとクレジットカードはマネーフォワードと連携しているので

自動で記録されてクレジットカードポイントも貯まります。

現金のみのは店は行きたくないまであります。

信販会社に手数料払いたくないというのは理解できますけどね。

 

その結果、現金を引き出す回数が減りました。

給与口座の三菱東京UFJ銀行は21時までATM手数料無料なので

ATM手数料を払ったことはないですけどね。

削れるものは削りたいですね。

 

ではでは!