30代独身男のズボラ投資生活

適当に投資したり、しなかったり、やっぱり投資するブログ

ソーシャルレンディングのススメ

f:id:body2mind:20171029003907p:plain

ソーシャルレンディングについて個人的な見解を書いてみる。

 

ソーシャルレンディングとは

ネットを通じて個人が企業に貸付をするためのサービスです。

簡単に言うとオンライン逆金貸しです(!?)

 

金貸しというとイメージが悪いですが、 

全てにメリットがあるFintechサービスです。

 

なぜ企業は銀行で借りないのか

ソーシャルレンディングの貸付に伴う金利は安いとは言えません。

むしろ高いです。

 

金利の高い所から摘むなんて、遅かれ早かれ

破綻しそうなイメージがありますが実際はそうでもないようです。

 

それは銀行がそう簡単に貸してくれないからです。

  • 不動産担保がない
  • 業歴が浅い

などなど、焦げ付きを回避するために

ガチガチに安全な企業にしか貸してくれません。

また、それらの審査期間が長く貸付されるまで時間がかかります。

 

ソーシャルレンディングの貸付審査

銀行が貸してくれないけど、業績や事業内容から

完済可能と思われる企業に貸付を行います。 

そのスピード感は早く最速で一週間程度の場合もあり、

時は金なり、ビジネスチャンスを逃しません。

 

ソーシャルレンディング事業者の多くは、

貸付先業界に精通した審査員がおり、

デフォルト(貸し倒れ)が発生しないよう見極めています。

 

デフォルトへのリスクヘッジとして

ソーシャルレンディング事業者で保全を設定している場合もあり

  • 不動産担保(根抵当権含む)
  • 総務省認定設備ID担保
  • 動産所有権留保
  • 債券
  • 保証会社による元本保証
  • 代表者連帯保証

などなど、デフォルト発生時も少しでも多く元本を回収するための

施策をとっています。

 

私がソーシャルレンディングに投資する理由

コストパフォーマンスが良かったから、です。

 

株が儲かるのは確かです。

ですが素人がそれなりの利益を出すためには時間=コストがかかります。

 

私は株を5年ほどやっていますが、

利益を出すには情報収集は欠かせませんし、

株式市場取引時間帯は気になって仕事中も株価ばかり気になります。

雇われ会社員には向いていないし、市場時間外の情報収集にも疲れました。

 

逆に調べるのが好きな人もいるでしょうし、

そういった人と異なり私には株の適正はなかったようです。

 

その点、ソーシャルレンディング

  • 投資後何もしなくて良い
  • 固定金利(為替ヘッジなし除く)
  • ゴールが明確

コスト(時間)をかけずにパフォーマンス(利回り)が得れます。

 

貸金なので投資後は特にすることは無いですし、

固定金利で毎月一定額の利息を得ることができます。

 

株や投資信託などと違い、売り時がわかならないという悩みもありません。

返済完了という出口戦略が定められているからです。

 

ソーシャルレンディングのリスク

元本消失リスクがあります。

貸付先企業の倒産、ソーシャルレンディング事業者の倒産によって、

1円も戻らない可能性があります。

 

例えるなら、

スーパーハイリスク高金利定期預金(途中解約不可)

というイメージです。

 

利回りが保全にもよりますが、5〜13.5%と

ほったらかしとは思えない利益が出る反面、

貸付先企業が返済完了するまで投資資金は戻りません。

 

 

全ての投資に言えることですが

  1. 余裕資金で行う。
  2. 最終決定は自己判断。自己責任。
  3. 情報は鵜呑みにしない。

これらを肝に命じて資産を増やしていきたいと思います。

それではまた。