30代独身男のズボラ投資生活

適当に投資したり、しなかったり、やっぱり投資するブログ

アメリカンファンディング:追加投資(2018年2月)

f:id:body2mind:20180207025243p:plain

元本償還額と分配金を合わせて再投資です。

 

カリフォルニア ロサンゼルスファンド4弾に投資 5万円

f:id:body2mind:20180207025454p:plain

募集総額1,117万円、利回り8%、運用期間8ヶ月、担保あり、為替ヘッジあり となっています。

最終貸付金利は12%となっており、事業者報酬が4%と高めに設定されています。

 

今年に入って、投資家利回り8%+事業者報酬4%のファンドばかりで

昨年までのように投資家利回り10%+事業者報酬2%のファンドが無いため、

個人的にアメリカンファンディングの印象が悪くなっています。

 

 

スキーム概要

f:id:body2mind:20180207032246j:plain

アメリカンファンディング関連事業者Fは米国の不動産事業者に対し、

不動産仕入れ資金のための融資します。

 

担保物件はロサンゼルス郡ランチョ・パロス・バーデス市にある、

敷地面積約774平米、4ベッドルーム・3バスルームの平屋一戸建てです。

 

担保物件の簡易鑑定評価額は、約1億5,087万円ですが

第1順位の残債は約1,285万円あります。

そのため今回のファンドは第2順位となります。

 

返済原資は米国不動産事業者の事業収益です。

 

f:id:body2mind:20180207031608p:plain

f:id:body2mind:20180207032756j:plain

ランチョ・パロス・バーデス市は地図からわかる様に海岸沿いの丘に位置しており、

高級住宅地で治安も良いみたいです。

うーん。羨ましい。

 

 

アメリカンファンディングの投資方針

アメリカンファンディングは外貨送金によって無利息期間が長いため、

実際は想定利回り低いです。

 

貸付資金は投資家が負担しており、事業者はリスクを負っていないのに

金利12%のうち4%を事業者報酬とする姿勢はあまり良いとは言えません。

 

今回は少額の余剰資金を再投資しましたが、

この様な運営が続く様であれば今後再投資は行わず

随時資金を引き上げるかも知れません。

 

それではまた。