30代独身男のズボラ投資生活

適当に投資したり、しなかったり、やっぱり投資するブログ

クラウドリース:追加投資3(2018年5月)

f:id:body2mind:20180513233800p:plain

間が空きましたがクラウドリースに投資し続けています。

5月第3弾になります。

 

プレミアムキャンペーンローンファンド66号 7万円

f:id:body2mind:20180605014331p:plain

プレミアムが常習化してきてもはや普通になってきましたね。

 

f:id:body2mind:20180605014343p:plain

  • 貸付総額:4,000万円
  • 利回り:11%
  • 借入期間:3〜12ヶ月
  • 担保:動産所有権移転留保
  • 保証:グループ会社連帯保証
  • 約束手形:有

 

利回りは11%と高水準です。

担保は遊戯台の所有権、保証はグループ会社となっており

不動産担保はありませんが標準的な保全です。

 

f:id:body2mind:20180605014353p:plain

貸付先はアミューズメント事業者FC。

クラウドリース関連事業者Fによる割賦販売契約パターンです。

 

事業者FCに対する貸付合計は12万円になりました。

事業者割合は低めです。

 

 

成立ローン100億円突破記念ローンファンド【第4弾】 40万円

f:id:body2mind:20180605021006p:plain

成立ローン100億円突破記念ローンファンドは

1〜4弾あり2、3弾はスルーしましたが4弾は投資することにしました。

 

f:id:body2mind:20180605021023p:plain

  • 貸付総額:7,000万円
  • 利回り:11.5%
  • 借入期間:3〜12ヶ月
  • 担保:無し
  • 保証:代表者個人、第三者、LLP
  • 約束手形:有
  • 公正証書:有

 

こちらも高利回りの11.5%

しかし無担保です。

 

その分、保証が厚めに設定されています。

LLP(有限責任事業組合)の連帯保証

LLPの預金口座に店舗営業運営法人の粗利益が営業日毎に必ず入金される仕組みを採用しております。

万が一返済が滞った場合でも、営業が継続している限り、粗利益相当額の資金を他の債権者が押さえることは出来ません。結果として当方が優先的に回収に充当することになります。

 

三者連帯保証(包括根保証)

三者とは、債務者と永年取引関係にあり、業界に精通している事業者です。

債務者が保有する債務のすべてについて、限度額と期間を定めないで保証しております。

 

いつも保証について書かれていませんでしたが、

今回は詳しく書かれていました。

 

LLPにより店舗営業が継続される限り資金回収が出来そうです。

三者についても公正証書により速やかに執行出来そうです。

 

f:id:body2mind:20180605021042p:plain

貸付先は不動産・設備賃貸事業者DB。

クラウドリース関連事業者Mによる融資パターンです。

 

ここのところアミューズメント企業への投資が多かったので、

業種を分散させたかったのでちょうど良かったです。 

事業者DBに対する貸付合計は100万円になりました。

 

 

SBIバーチャルカレンシーズがついに開始

住所確認のハガキが届きました。

しかし取引所がなく、販売所のみという肩透かし感。

しかも最初はXRPしかなく微妙なスタートととなっていまず。

 

コールドウォレット、マルチシグネチャといった

セキュリティを意識している点はいいのですが、

最後発の優位点みたいなものに欠け現状使うに値しないですね。

 

それではまた。