30代独身男のズボラ投資生活

適当に投資したり、しなかったり、やっぱり投資するブログ

ソーシャルレンディング:運用実績(2018年6月)

f:id:body2mind:20180705021106j:plain

6月のソーシャルレンディング運用実績まとめです。

 

貸付実績

f:id:body2mind:20180705021255p:plain

貸付残高は先月とほぼ変わらずです。

クラウドリースに注力している状態となっております。

 

ある程度の利息を得るためには、一定の貸付額は維持したいと考えています。

 

 

分配金実績

f:id:body2mind:20180705021412p:plain

今月の分配金は税引後約7万円でした。

山あり谷ありで半年間で受け取った分配金合計は約42万円となりました。

平均して毎月7万円の利益といったところでしょうか。

 

税引前の利回りだと約9.7%というパフォーマンスで推移しています。

 

 

業種別貸付先

f:id:body2mind:20180705021649p:plain

5月と比べて米国不動産が−2%と低下、

その分アミューズメントが+2%増加しました。

 

アメリカンファンディングの償還金を

クラウドリースの登録者5000人キャンペーンファンドに当てた感じです。

 

パチンコが禁煙化したらアミューズメント事業は終焉を迎えそうなので、

2019年までが勝負といったところです。

 

公共事業にもっと資金を投入したいところですが、

最近トラストレンディングの募集が無くお預けを食っている状態です。

 

 

グリーンインフラレンディングの行方 

とりあえず決定事項。

  • 募集内容と異なる資金使用については事実。体制整備、再発防止策は公表予定

  • maneoマーケットは新規登録者受付停止
  • maneoマーケットは今後ファンド募集停止 
  • JCサービスは調査に協力したのに勝手に今後のファンド募集停止発表されて遺憾

 

大変な時だからこそ意思疎通ちゃんとして欲しいという印象。

そもそもJCサービスが変な事したのが発端で、切られて遺憾とか言える立場ではない。

 

maneoはSMBCベンチャーキャピタルGMOファイナンシャルHDなど、

大手含むベンチャーキャピタル8社から出資を受けているので

中途半端な事は出来ず切るしか選択肢は無かったことでしょう。

 

 

私が現在グリーンインフラレンディングに貸付している額は174万円。

グリーンインフラレンディングで得た利益は約27万円。

仮に174万円を全額ロストした場合、損益は−147万円となる。

 

偶然にも私の年間賞与額とほぼ同額であり、

1年間賞与なしと同義です。(悲しみ)

 

もちろん全額償還が理想ですが、

maneoマーケットのファンド募集停止により今後資金調達が不可能になるので

多額の費用が必要な発電事業は頓挫する可能性は高いとみています。

 

 

次回報告は7/4延期→7/6(金) ということで気長に報告を待つしかないですね。

それではまた。