30代独身男のズボラ投資生活

適当に投資したり、しなかったり、やっぱり投資するブログ

Pontaカードレス化をやってみた

f:id:body2mind:20181109013203j:plain

ローソンがポイントカードレス化の先駆者になるか!?

 

少しづつ進むキャッシュレス化

昔は現金のみだったよく行くカレー店が、

少し前にクレジットカードや電子マネーに対応しました。

 

私はもちろんSuica決済を宣言(大げさ

するとスタッフはiPadを操作し、電卓の様なカードリーダーに

タッチするよう言われiPhone XSタッチして決済完了。

 

少し前は高価なPOSレジに加えて電子マネーリーダーが必要でしたが

最近はiPadレジが普及していて導入コストがぐっと安くなりました。

 

カレー店にはAir PAYというシールが貼ってあったので

調べるとリクルートの会社でした。

 

Air PAY良さげなのにあまり見かけない

キャッシュレス化が進んで欲しいので

ご紹介です(アフェリエイトとかではありません)

airregi.jp

 

Air PAY導入コストは

  • レジアプリ:0円
  • カードリーダー:19,800→0円(キャンペーン中)
  • 月額料金:0円
  • 必要機器:iPhoneまたはiPad +ネット回線

 

かなり敷居が低いですね。

私が店だしてたら即導入すると思う。

 

決済手数料は

f:id:body2mind:20181109015712p:plain

普通にカード会社と契約すると3%ぐらいなのでほんの少し高めです。

しかし、イニシャルコストの安さとランニングコスト0円は魅力的ですね。

 

支払いは利用者の銀行口座に月3〜6回で、

しかも振込手数料0円。

スピーディ&ローコストですね。

f:id:body2mind:20181109020322p:plain

 

更にAir PAY QRというアプリでQRコード決済にも対応しており

  • ALI PAY
  • WeChat Pay
  • LINE Pay
  • d払い

という感じで国内だけでなくインバウンド需要にも対応できます。

いずれも決済手数料は3.24%です。

 

私がモバイルSuicaを多用する理由

 

ビックカメラSuicaカードは通常1,000円につき

JRE POINT0.5%、ビックカメラポイント0.5%合わせて1%の還元率です。

 

ところがSuicaチャージとなるとJRE POINTが3倍になり

JRE POINT1.5%、ビックカメラポイント0.5%合わせて2%の還元率です。

タッチ決済が便利な上に2%の還元率は破格です。 

 

PontaカードがApple PayのWalletに仲間入り 

f:id:body2mind:20181109022455p:plain

こんな感じで違和感なく(?)Pontaカードが入り込んでいます。

通常のPontaカード、Pontaカードアプリ(バーコード)に続き

第3のPontaカードです。

 

一番のメリットは、

Pontaカードを提示する事無くPontaポイントが貯まる点です。

 

今の所ローソン限定です。

何を言ってるか分からないかも知れませんが事実です。

 

決済方法に少しコツがあって

  1. スタッフにApple Payと宣言
  2. サイドキーダブルクリック
  3. FaceID認証
  4. iPhoneをリーダーにかざす(Suica決済&ポイント加算)

 

今までは

  1. Pontaカードアプリを起動しバーコードを見せる
  2. スタッフにバーコードをスキャンしてもらう(ポイント加算)
  3. スタッフにSuicaと宣言
  4. iPhoneをリーダーにかざす(Suica決済)

 

ちょっとわかりにくいですが、アプリ起動しなくていいので地味に楽です。

今までFace ID認証いらなかったので手間といえば手間ですが慣れの問題ですかね。

 

スタッフはバーコード読み取る必要がなくなります。

電子マネー決済とポイント加算が同時なので更にレジスピードが加速します。

 

f:id:body2mind:20181109022530p:plain

こんな感じでポイント通知もしっかり来ます。

 

今まではせっかく電子マネーで決済しているのに、

独自ポイントアプリだったり物理カード求められたり無駄が多かった。

PontaカードのようにポイントカードのWallet化は、

決済とポイントを同時に行えるので最適解だと感じました。

 

それではまた。