30代独身男のズボラ投資生活

適当に投資したり、しなかったり、やっぱり投資するブログ

SBISL:追加投資(2018年11月)

f:id:body2mind:20181026031406j:plain

なんやかんや考えた上に、iPad Proを買いました。

 

不動産担保ローン事業者ファンドPlus 23号 50万円

f:id:body2mind:20181119022440p:plain

  • 募集総額:15億円
  • 利回り:6.5%
  • 借入期間:12ヶ月
  • 担保:有り(不動産抵当権を担保とした貸付債権)
  • 保証:なし

 

常時募集している不動産担保ローンファンドと同じ事業者で、

大きな資金需要がある場合に随時募集されるPlusシリーズです。

 

借入人は東京都で貸金業を行っており、

次の審査条件を満たす企業です。 

  1. 資本金5千万円以上の企業
  2. 直近6年間の累積貸倒れ件数2件以内かつ、2千万円以内
  3. 利息制限法改正に伴う過払金の発生無し
  4. 貸金業の業歴8年以上

 

不動産担保とはいえ安心はできないSL界隈ですが、

借入人は貸付の際に評価額の70%を上限として貸し付けるため

30%価格が低下しても元本が毀損することがないというところがミソです。

 

5年ぶりのiPad購入

f:id:body2mind:20181119024302j:plain

発売日に買って以来自宅で愛用していたIPad mini2から乗り換えです。

ホームボタンの効きも悪くなり、もっさり感がすごくいよいよ限界という感じです。

 

mini2 331gからPro 11インチ468gとなり、

重量は130gほど重いのですが基本両手で使うこともあり

そこまで重い!!!!てこともありません。

 

こうしてみると、iPhone XSのディスプレイサイズが5.8インチあることもあり

7.9インチのminiシリーズを発売しないのがうなづける気がします。

 

普段PCはMacBook 12インチを使っているので、サイズ感はかなり近いです。

ただ重量はMacBook 920gに対し、iPad Proは468gと半分で非常に軽量です。

 

よかった点

  • 液晶にしてはかなり発色がいい
  • Face IDの認識距離と角度がiPhone XSより広く快適
  • クアッドスピーカーの音がかなり良い
  • 動作がサクサク(A5 1GB→A12X 4GB)
  • USB-CカードリーダでSDカードがダイレクトに刺せる
  • MacBookのUSB-C充電器が共用できる

 

よくない点

  • マナー/回転抑止スイッチが廃止された
  • 純正風呂蓋が高い
  • カメラ位置がわりにくく指で押さえてFace ID失敗する

 

わかってはいましたが5年前のmini2と比べると快適です。

touch IDすらなかったのでmini2。

 

価格については256GBで11万強でした。

ディスプレイサイズ、バッテリー容量、SoC全てにおいて

iPhone XSよりも上位なので3万円も安いのでお得な気がします。

 

iPhoneiPadは毎日使うものなので

快適性が失われる=時間の損失なので

定期的な買い替えは必要になり経費だと思うしかないですね。

 

それではまた。